話題のウォーターサーバーとは

ウィーターサーバーの設置に必要なもの

おいしい水を求めてミネラルウォーターを購入する人が増えています。それに伴い、ウォーターサーバーの普及率も上がってきました。ウォーターサーバーは上にろ過された水やミネラルウォーターが入っているボトルが取り付けられた給水機器のことで、サーバー内部で水が冷やされたり温められたりしており、いつでも5〜10℃の冷水や80〜90℃の熱水が出てきます。電機ポットと同じようにお水を温めたりするのに電気代が必要となります。そして、電気が必要なため、コンセントに近い場所に設置する必要があります。他にもサーバーのレンタル代金やメンテナンス代金、水や発送代金、解約手数料などが必要となります。代金以外では広めの設置場所やボトルの保管場所も必要です。

ウォーターサーバーの種類について

ウォーターサーバーの種類はたくさんあり、ウォーターサーバーの設置方法やボトルの回収法、水の成分についての違いを紹介していきます。まず、設置方法についてです。これには2つあり、1つは床に直接設置するタイプで、もう1つがテーブルなどの上に設置するタイプです。後者の方が無駄なスペースが少なくなるというメリットがあります。そして、使用済みのボトルの対処方法はペットボトルとして廃棄できるものと空になったボトルを新しい水と一緒に回収する方法があります。前者は便利ですが、割高になり、後者は回収日が決められており、それまで保存しておく必要がありますが、環境に優しい上に費用が抑えられます。最後に水の成分についてです。これも大きく分けると2種類あり、水道水をろ過してイオン洗浄している水と天然水と呼ばれるものがあります。後者の方がミネラル成分が多く含まれており、おいしいと感じる人が多くなります。

ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルクに使う事が可能であり、通常は70℃〜80℃のお湯なので少し時間を置けばすぐに飲む事が出来ます。

© Copyright Perfect Choice . All Rights Reserved.